整理をする

どんな人でも、いつかはこれまでに生きていきたこの世と別れを告げる事があります。
そして、その際には日本では葬式という儀式が行われるのは一般的です。
その儀式では、この世を去る者の冥福を祈る事ができます。
また、残された家族や知人は故人との別れとして、1つの区切りを着ける事ができます。
このように、人が無くなった際には古くからこの儀式が行われてきたのです。

物も心も

笑顔の老夫婦

しかし、人が亡くなった時にはこの葬式という儀式だけを行うかといえば、そうではありません。
その他人も行う事は色々とあるのです。
その1つであるのが、遺品整理です。
遺品整理とは、故人が残したものである遺品をひとつづつ丁寧に整理していく事です。
なぜこのような遺品整理が必要かというと、これにはいくつかの理由があります。
それは、遺品整理によって単純にその場所をキレイに整理整頓するという事もその1つでしょう。
また、遺品整理を行うものが遺品の数々を整理する事によって故人との思い出を噛み締めたり、心を整理する事も理由の1つです。
それから、遺品の中に以外と多いのが高級品や現金等の価値を持ったものがあるという事です。
これらを誤って捨ててしまわないように、しっかりと整理する必要があります。

形見分け

つなぐ手
そして、この他にも忘れては行けないのが形見分けの為に行う整理です。
形見分けとは、生前故人が使用していたものを、故人と関わりが深かった者に対して分ける事です。

このように、遺品整理とはただ単に整理を行うものではありません。
整理する理由には、清掃の意味の他にも心の整理、貴重品の整理、形見分けの整理と、色々な理由が含まれているのです。
その為、葬儀と同じく大切な事と言われいます。